小児矯正(床矯正)

床矯正について当院の考え

当院では、いわゆる矯正治療とはちょっと違う「床矯正(SH療法)」という治療を行います。
(詳しくはWebサイト(http://shta.jp)を参考にしてください。)

SH療法では

ドイツ・日本で特許を取得したSlideXという弾性バネを使った新しい顎拡大装置を使用します。対象になるのは劣成長の顎骨です。
生活習慣や食生活の変化から、長い年月とともに日本人の骨格が変化してきたことは、皆さんも理解していただけると思います。SH療法は顎骨のマイナス成長を、本来であればそこまで成長したであろう(プラスマイナスゼロ)ところまで、この装置により拡大する手法です。これは、正常な環境を再現することが目的です。

よい環境を与えれば、人は自然治癒能力により、元々なりたかった状態になっていくものです。治療の過程でスペースができ、叢生などの審美問題も解決方向に向かいます。

SH療法は、単なる顎拡大、歯並びの改善を目指しているのではありません。したがって、歯並びの悪いすべての人が治療の適応者と考えていません。
SH療法はヘルスプロモーションの理念に基づいています。 すなわち、これらの変化は生体を健康へと導くものです。

SlideX を使用した顎拡大装置
床矯正 SlideX 床矯正 SlideX 床矯正 SlideX

審美的な問題で矯正を望まれる方が多いと思いますが、大切なことは歯並び・かみ合わせが全身に影響を与えることです。顎の拡大により治療・予防ができる疾患にOSAS(睡眠時無呼吸症)や顎関節症があります。

健康を思えば、やはり歯は抜いてはいけませんよね。私たち歯科医は、歯の寿命を延ばすのが仕事なのですから。

噛むことは学習です。

生まれた直後からお乳を吸うのは反射運動で、練習の必要はありません。噛むことは、離乳期に離乳食を体験することで必ず一定の順序で発育します。顔の表情・言葉の発育とも深い関係があります。できるだけ小さい時(お母さんのお腹の中)から患者さんに関わり、できれば矯正が必要でない環境づくりをめざしたいと思います。
それができなかった時には、SH療法が有効です。

本来スペースがあれば、歯は自然に並ぶものです。歯を並ばせるのでなく、よい環境を作るお手伝いをしたいと思います。納得されたら治療を始めましょう。でも、審美が第一と考える方は、矯正専門医の受診をお勧めいたします。

矯正料金について

基本料金 388,800円
レントゲン撮影 4,320円
管理費 2,000円/月
装置製作費 34,560円
修理 10,800円

※ 成長に合わない装置の使用は、治療時間の延長につながります。
※ 作り変えの回数は症状により、異なります。
※ 修理で対応できる物は、できるだけ対応させて頂きます。

小児矯正(床矯正)の実例

【1】出っ歯(上顎前突)

顎の形がV字形からU字形に変化していきます。 これは、歯に力をかけているのではなく、歯の生えている土台が変わってきています。 重なっていた下の前歯もきれいに並びました。患者さんの審美的な主訴は改善されました。 しかしSH療法においては、下顎の後退は正常な環境とはいえず、現在は顎の前後的な位置の修正を継続しています。

出っ歯(上顎前突) 出っ歯(上顎前突)

【2】受け口(反対咬合)

ケース1
初診時、上の歯は台形に並んでいます。下の前歯におさえられて上顎の成長が抑制されているからです。 半年後上顎の前歯が前にでました。装置をはずして数年経過した現在も、問題ありません。

受け口(反対咬合) 受け口(反対咬合)

ケース2
装置を入れてから、約1年半で終了しています。

受け口(反対咬合) 受け口(反対咬合)

【3】乱ぐい歯・八重歯(叢生)

ケース1
顎が小さいため、歯が並ぶだけのスペースがありません。 このようなケースには、審美の問題よりも重要な問題があります。 重度なものは舌が収まりきれず後方に下がるため、 無呼吸症候群(大人だけではありません)、顎関節症の原因にもなる可能性があります。

乱ぐい歯・八重歯(叢生) 乱ぐい歯・八重歯(叢生)

ケース2
顎が小さいため、歯が並ぶだけのスペースがありません。 このようなケースには、審美の問題よりも重要な問題があります。 重度なものは舌が収まりきれず後方に下がるため、 無呼吸症候群(大人だけではありません)、顎関節症の原因にもなる可能性があります。

乱ぐい歯・八重歯(叢生) 乱ぐい歯・八重歯(叢生)

【4】

顎が小さいため、後から出てくる永久歯が入るスペースがありません。 最初に右側のスペースを作りました。スペースができてくると、自然に歯が出てきました。反対側も同じです。

【5】顎ずれ(交叉咬合)

顎ずれ(交叉咬合)右側のかみ合わせが交叉しています。 そのため顔は対称的でなく、ゆがんでいます。 これは下顎に比べ、上顎の発育が悪かったことが原因です。 顎を拡大することで、ズレて噛むこともなくなりました。 早期に異常を発見できたため、小さな介入で治療が終了できました。

 

【6】萌出方向異常

初診時、前歯は小帯を傷つけていました。小帯は出血し腫れており、口をきちんと閉じることができませんでした。 顎を拡大しながら、歯を下に誘導しました。歯が下に下がることで、小帯の傷も自然治癒しました。現在も治療継続中です。

萌出方向異常